リバイタラッシュアドバンスの正規品の価格はどれくらい?

 

まつげ美容液は今ではたくさん販売されているため、値段はかなりピンキリだそうです。そこで、高級なまつげ美容液はどれくらいするのか調べてみたところ、3.5mlにつき13000円以上するものが見付かりました。そのまつげ美容液とは、「リバイタラッシュアドバンス」。

 

なんでも、3.5mlで13000円以上するにもかかわらず、数あるまつげ美容液の中でもトップクラスの人気を誇るそうです。こんなに高いのに、たくさんの人に使われているということは、それだけリバイタラッシュアドバンスには魅力があるということですね。

 

では、リバイタラッシュアドバンスの魅力とは、何なのかと言うと…副作用の心配が無いそうです。具体的には、色素沈着や目の充血、皮膚の痒みなどの症状が、他のまつげ美容液に比べて出にくいとかで。なぜなら、そうした副作用はビマトプロストというまつげ育成効果を担う化学成分が原因のところ、リバイタラッシュアドバンスにはそれが含まれていないからです。

 

代わりに、リバイタラッシュアドバンスには育毛成分として、パンテノールという水溶性ビタミンが配合されているそうです。そのため、使用することでまつげ育成効果が期待できる反面、先述した副作用は生じにくいとのことでした。リバイタラッシュアドバンスが人気なのも、分かる気がしました。

 

 

リバイタラッシュアドバンスなら目や皮膚が痛いことも無い!

 

まつげ美容液を使うと、目や皮膚がピリピリして痛いと感じる人が、多いそうです。しかし、残念ながらこれは、まつげ美容液の副作用のため、ある程度は仕方ないみたいです。具体的には、まつげ美容液に育毛成分としてよく配合されている、ビマトプロストという化学成分が原因とかで。

 

となると、目や皮膚の痛みという副作用と、まつげの育成効果は、残念ながら切ってもきれないものなんですね。しかし、まつげ美容液は、目に見えてまつげに効果が出始めるまで半年、その効果を維持するためには半永久的に使い続けなければいけませんから、なるべくそうした不快感は少ない方が助かります。

 

そこで、目や皮膚が痛くならないまつげ美容液を探してみたところ、「リバイタラッシュアドバンス」というのが見付かりました。なんでも、リバイタラッシュアドバンスにはビマトプロストが配合されていないため、使用しても目や皮膚に異常が生じることが少ないのだとか。

 

もちろん、ビマトプロストの代わりに、パンテノールという水溶性ビタミンが、まつげの育成成分として含まれているため、ちゃんと効果も見込めるみたいです。そのため、なるべく副作用を避けたい人には、リバイタラッシュアドバンスが推奨されるそうです。

 

 

リバイタラッシュアドバンスの育毛成分はビタミン!?

 

大抵のまつげ美容液には、ビマトプロストという成分が育毛成分として含まれています。しかし、ビマトプロストは育毛成分であると同時に化学成分でもあるため、副作用の原因ともなるみたいです。具体的には、色素沈着や目の痒み、充血、皮膚の痒みなどが挙げられるとのことでした。

 

幸い、ビマトプロストが原因で、重篤な病気が副作用として引き起こされることはありませんが、まつげ美容液はまつげを増やして維持したいとなると年単位で使い続ける必要がある関係上、不快な症状が使用に伴い生じる事態は、なるべく少ないに越したことはありません。

 

そこで、ビマトプロストではない育毛成分が配合されている、まつげ美容液があるそうです。それは、「リバイタラッシュアドバンス」。なんでも、ビマトプロストの代わりに、パンテノールという成分が、まつげを育成してくれるのだとか。そして、パンテノールは水溶性ビタミンに分類されるため、皮膚や目に負担をかけることは少ないそうです。

 

確かに、化学成分よりもビタミン成分の方が、絶対体に優しいと思います。ただ、そうした副作用の心配が無いせいか、リバイタラッシュアドバンスは3.5mlにつき14000円弱と、数あるまつげ美容液の中でもかなり高級なお値段となっていました。

 

 

リバイタラッシュアドバンスはかゆみの心配無し!

まつげ美容液を使うと、目や皮膚のかゆみに悩まされる人が多いそうです。なんでも、まつげ美容液に配合されている、ビマトプロストという化学成分によって引き起こされる、副作用なのだとか。しかし、ビマトプロストはまつげ美容液の大半に配合されているそうです。なぜなら、そのビマトプロストこそが、まつげの育成効果を担うからです。

 

しかし、まつげ美容液は年単位で使い続けるものですから、その間ずっと副作用に悩まされるのは辛いと思います。そこで、ビマトプロストが含まれていないまつげ美容液を探してみたところ…「リバイタラッシュアドバンス」というのが見付かりました。

 

詳しく言うと、リバイタラッシュアドバンスにはビマトプロストの代わりに、パンテノールという水溶性ビタミンが、まつげの育成成分として含まれているそうです。そのため、長期間に渡り使用しても、目や皮膚が痒くなる心配は無いみたいです。

 

しかし、大半のビマトプロスト系まつげ美容液に比べて、リバイタラッシュアドバンスはかなり高級なお値段となっています。なんと、3.5mlにつき13000円以上しますから。そのため、中身が安いビマトプロスト系まつげ美容液にすり替えられた偽物も多く出回っているため、購入の際は大手の通販サイトを利用した方が良いそうです。

 

 

リバイタラッシュを下まつげに塗らない!? 

「リバイタラッシュ」は、数あるまつげ美容液の中でも、かなり高級な方に分類されるそうです。なんでも、3.5mlにつき13000円以上するとかで。1滴何百円という次元ですから、大切に使わなければいけませんね。しかし、まつげ美容液は慣れるまで、かなり塗るのに苦労するそうです。

 

塗る場所が、まつげの生え際という際どい場所ですから。そのため、目に入ってしまったり、顔にたれ落ちてしまったりする場合も多いのだとか。特に、下まつげに塗る際に。リバイタラッシュの値段を考えると、そうした勿体無い事態はなるべく避けたいところです。

 

そこで、リバイタラッシュの勿体無くない使い方を調べてみました。すると意外なことに、下まつげを伸ばしたいからと、下まつげに塗るということはしない方が良いと分かりました。どんなに上手く塗ろうとしても、大半は垂れ落ちるせいで意味が無いとかで。その代わり、就寝前に上まつげにだけ塗るというのが良いそうです。

 

これなら、寝ている間に美容液が上まつげから下まつげにも浸透するため、最小限の量で最大限のまつげ育成効果を期待できるそうです。ちなみに、まつげの生え際以外の皮膚に垂れ落ちてしまった際は、その部分の体毛だけ濃くなる危険もあるため、早急にふき取った方が安全とのことでした。

 

リバイタラッシュは色素沈着の危険性が無い!?

 

まつげ美容液を使用すると、まつげが伸びたり、たくさん生えたりするそうです。なんでも、皮膚の下にある孟母細胞を刺激することで、発毛作用や育毛作用を促進してくれるのだとか。そのため、上手く行けばマスカラや付けまつげなんて要らないくらい、まつげがフサフサになるみたいです。

 

しかし、そのまつげ美容液には、深刻な難点があります。それは、副作用。具体的には、長期間に渡りまつげ美容液を塗っていると、目尻やまぶたに色素沈着ができてしまうそうです。つまり、シミですね。まつげ美容液は、効果が出るまでどうしても長期間塗り続けなければいけない関係上、この色素沈着を避けるのは難しいみたいです。

 

ただ、その色素沈着の心配無く使えるまつげ美容液が、最近人気を集めています。それは、「リバイタラッシュ」。なんでも、上記の副作用の原因となる、ビマトプロストという育毛成分が、リバイタラッシュには配合されていないのだとか。

 

しかしそうなると、その分育毛効果も落ちるのではと思いきや…まったく心配無いみたいです。なぜなら、リバイタラッシュにはビマトプロストの代わりに、パンテノールという育毛成分がちゃんと含まれているからです。そのため、色素沈着が目立つような色白の人には、リバイタラッシュがもってこいとのことでした。