そもそも葉酸とは?

「葉酸(ようさん)」とは、「プテロイルモノグルタミン酸」とも呼ばれる水溶性ビタミンの1つです。
摂取することで、生まれてくる胎児が、頭蓋骨やそれを覆う皮膚が欠損している「無脳症」

 

脊椎骨が形成不全になることで運動機能や知覚の麻痺を引き起こす「二分脊椎」
髄膜がヘルニア様に突出した「髄膜瘤」などの神経管閉鎖障害にかかるリスクを減らすことができます。

 

そのため、胎児の神経管形成期である受胎前後の時期に、妊婦の女性は葉酸を摂取することが必要とされるのです。

 

葉酸は食事だけで間に合う?
葉酸は、食品で摂取した場合だと、実際はその量のおよそ50%程度しか有効活用されません。

 

加えて、妊婦さんは葉酸以外にもビタミンA、B1、B2、Cなどの栄養もたくさん摂取しなければいけないだけでなく婦人病の傾向が強い妊婦さんだと、妊娠初期から悪阻がひどく、酷い場合は最低限の食事すら受け付けないこともあります。

 

そうしたことを考えると、妊婦さんの1日における葉酸の必要量
240mcgを食事だけで全て賄うのはほぼ不可能です。

 

それに対し、葉酸をサプリメントで摂取した場合は、80%が体内で有効活用されます。
そのため、効率的に必要量の葉酸を取り入れるには、
食事ではなくサプリメントによる摂取の方が望ましいと言えるのです。

 

高齢出産で増加するダウン症の発生率

高齢出産で増加するダウン症。年齢と共に発生頻度がアップするのは有名です。
しかし、どうして高齢出産ではダウン症が生まれやすいのでしょうか。

 

そのカギは卵子の質にあります。実は、卵子も年齢を重ねているのです。
若いころの卵子に比べると、老朽化が著しいのが高齢の乱視なのです。

 

つまり、卵子の質が悪ければ、欠陥が出現してしまう可能性が増えてしまうというのが
ダウン症発生率にも繋がっています。20代の出産では発生率はわずか0.1%。しかし
40代を過ぎてからの妊娠・出産では、ダウン症発生率は1%まで高まってしまうのです。

 

ダウン症だけを例にとって考えても、高齢出産はリスクが高いことがわかります。
それでも、結婚年齢がどんどん高齢化している状況を踏まえても高齢出産は避けられないという家庭が多いのも特徴的。

 

だからこそ、産婦人科を受診しながら、卵子の状態を把握するなど
子供を授かる環境として適切なコンディションであるかを判断するのが良いでしょう。

 

高齢出産で起こるリスクはたくさんありますが、高齢だからこそ大きくなるリスクを知っておくことによって
それでもチャレンジする魅力を打ち出すことが、今後の人生を大きく変えてくれます。

 

先天性異常などを予防する効果がある葉酸サプリ

葉酸とは、かつてはビタミンM、ビタミンB9とも呼ばれたビタミンの一種です。
現在は「葉酸」との呼び名が一般的になりました。

 

と言うのは、その必要性、摂取による効果が大いに期待されているからです。
葉酸と母子の健康を考える会によって、4月3日が葉酸の日に制定されるほどです。

 

確かに「葉酸」と言う意味を伴った名前は、記号や数字よりは覚えやすいと思います。

 

その存在を発見されたのも「ほうれん草の葉」からですし、他にもブロッコリー、枝豆、モロヘイヤ
春菊などに多く含まれていることからも、名前と絡めてイメージしやすい栄養素だと思います。

 

妊娠初期に要求量が増えるようです。胎児の先天性異常の発生を抑制するためにも
妊娠前から不足しない様に摂取しておきたいものです。

 

葉酸を含む食品はたくさんありますが、緑色の野菜は苦手でどうしても不足しがちな方には
過剰にならない程度に葉酸サプリメントを使うのも方法のひとつです。

 

まずは葉酸を含む食品をバランスよく食べましょう。摂取量が心配な場合、用法をしっかり守ってサプリメントを使うのが良いでしょう。
これを機会に、葉酸のことを調べてみて下さい。多くの食品に含まれていることが分ります。

 

食品も元は命です。葉酸は、命に必要な栄養素、なのでしょう。

 

妊娠中の自転車とはぐくみ葉酸

はぐくみ葉酸を飲んでいるけど、自転車で買い物などしても良いのでしょうか。
妊婦さんは自転車に乗っても問題ない!
そのように思われている方も多いと思います。

 

妊婦が自転車に乗っても良いのかどうか、という前に自転車に乗ることで実は色々なメリットがあります。
なんといっても筋力がつきますし、体力もつきます。

 

自転車をこぐという行為は、骨盤の周りにある筋肉、太ももの筋肉といった脚の筋肉をたくさん使っています。
そして妊娠中には運動不足になりやすいですので、自転車運動をすることで、様々なメリットを得ることができるのです。

 

また、自転車を使用することで、体への負担を小さくしつつしっかりと筋肉を刺激することができます。
自転車を買い物などに使用する場合、運動もついでにできるのでおすすめです。

 

運動をしないことよりも、自転車で軽い運動をすることで出産時に必要な筋力を鍛えることができるのでおすすめです。
自転車はガタガタ揺れますが、その揺れは大丈夫なのかと不安に思われるかもしれません。

 

しかし、多少揺れても羊水は体外からの衝撃を吸収する働きもありますので、自転車に乗るくらいであれば問題ありません。

 

しかし、だからといって転倒などしても良いというものではありませんので、自転車に乗る時には十分に注意してください。

 

男性の妊娠力とベルタ葉酸

 

妊娠するための努力というのは、女性だけが行えば良いというものではありません。
不妊の原因というのは男女に関係なく同じようにあるということは分かっています。

 

女性不妊は40%程度、そして男性不妊は30%程度あるとも言われているので、赤ちゃんを望むのであれば男性も妊娠力を高めるために心がけるようにしましょう。

 

精子の劣化というのは卵子と同じで35歳からスタートするといわれています。

 

飲酒や喫煙は男性ホルモンの機能を下げる働きがあり、毎晩たくさん飲酒、喫煙をしていると男性ホルモンの機能を下げてしまうのでタバコの量を減らすようにして、飲酒量も減らしたりできるだけ休肝日を設けるようにしましょう。

 

また、タバコも同じように精子を劣化させてしまいますので、思い切って禁煙生活を始めてみるようにしましょう。
毎日の飲酒が習慣化しているのであれば、少しでも良いので量を減らしてくださいね。

 

と同時に、普段からベルタ葉酸を摂取するようにしてみてください。
女性だけでなく男性も葉酸は摂取すべきなんですよ。

 

本気で子供がほしいと思うのであれば、サプリメントなどを利用して積極的に葉酸を摂取するようにすることで、安心して妊娠期を過ごすことができるのではないでしょうか。

 

amazonだと葉酸が届くのも早い

amazonでのネットショッピングは、動かないでも物が買えるので本当に便利!
実は私は、最初の妊娠の時に、つわりがひどくて、電車に乗れない時期がありました。

 

すぐに吐き気が出てくるので、部屋というか、トイレから一歩も出たくない時期があったんです。
仕事をしていたこともあり、どうしても体調がすぐれない時には、有給を使って休んだり。

 

仕事が休みな日は、トイレにこもって、ずっと吐き気と戦っていました。
そんなつわりがひどい妊娠初期って、食事が全然通らないので、やっぱり葉酸サプリでも飲まないと、栄養不足になってしまうんですよね。

 

葉酸は赤ちゃんの神経管障害の予防にもなると聞いていたので、せめて葉酸サプリくらいは飲もうとamazonでベルタを注文したのを覚えています。
ベルタはamazonでも人気のある葉酸サプリで、口コミも良かったので即購入。

 

本当はドラッグストアなんかで、じっくりパッケージを読みながら購入したかったけど、やっぱり体調が悪くて買い物に行けない時には、どうしようもないですね。

 

amazonのような早いネット通販があると、本当に助かります!
特にプライムマークがついている商品だったら、お急ぎ便が利用できるので急いでいる時には良いですね。

 

リバイタラッシュでまつ毛を伸ばす

まつ毛が短いと悩んでいる方は、リバイタラッシュを使えばまつ毛が伸びてくるかも知れません。
現にリバイタラッシュは、世界中で多くの愛用者がいて、多くの女性のまつ毛を伸ばしている実績があります。
私がこのリバイタラッシュの事を知ったのは、雑誌で特集しているのを見てからでした。
これはいいなと思って早速注文したのが大正解で、今では自慢出来る様なまつ毛に成長しています。
また長さだけではなく、リバイタラッシュはまつ毛をボリュームアップする効果もあります。