高齢出産で増加するダウン症の発生率

高齢出産で増加するダウン症。年齢と共に発生頻度がアップするのは有名です。
しかし、どうして高齢出産ではダウン症が生まれやすいのでしょうか。

 

そのカギは卵子の質にあります。実は、卵子も年齢を重ねているのです。
若いころの卵子に比べると、老朽化が著しいのが高齢の乱視なのです。

 

つまり、卵子の質が悪ければ、欠陥が出現してしまう可能性が増えてしまうというのが
ダウン症発生率にも繋がっています。20代の出産では発生率はわずか0.1%。しかし
40代を過ぎてからの妊娠・出産では、ダウン症発生率は1%まで高まってしまうのです。

 

ダウン症だけを例にとって考えても、高齢出産はリスクが高いことがわかります。
それでも、結婚年齢がどんどん高齢化している状況を踏まえても高齢出産は避けられないという家庭が多いのも特徴的。

 

だからこそ、産婦人科を受診しながら、卵子の状態を把握するなど
子供を授かる環境として適切なコンディションであるかを判断するのが良いでしょう。

 

高齢出産で起こるリスクはたくさんありますが、高齢だからこそ大きくなるリスクを知っておくことによって
それでもチャレンジする魅力を打ち出すことが、今後の人生を大きく変えてくれます。